FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読了】自由をつくる自在に生きる

自由をつくる自在に生きる (集英社新書 520C)自由をつくる自在に生きる (集英社新書 520C)
(2009/11/17)
森 博嗣

商品詳細を見る


『自由をつくる自在に生きる』
森博嗣【著】

―――書評―――
自由とはなにか。
もし、自在に生きることができたなら、それは「自由である」と言えるのではないか。
できるだけ自由に、自在に生きたいものである。
では、どうすればいいか。

社会には様々なルールがある。いろいろな人が共存している世界であるから、規制があるのも仕方がないことだ。
そんな守らなければならない規制の他にも、規制はあったりする。自分が無意識のうちに設けていたりするものだ。

自分が自分にかけている規制のようなもの。
思い込み、と呼ばれるものだ。
その思いこみによる、自分が自分にかけている規制を外すだけでも、かなり違ってくるはずだ。

社会のルールを守っていさえいれば、他に誰に遠慮する必要があるだろう。
自分を自由にして精一杯生きたい。生きていいのだ。
自分が思うように、自在に生きる。そうすることでまた一層、この世の中を楽しめるのではないか。

本書は森博嗣による自由になるための方法論である。
こうしなさいといった感じで、具体的に書かれてあるわけではない。
抽象的ではあるが、その方が案外、取り入れやすいと思う。
十分なヒントになるはずだ。


―――内容―――
自由とは何だろうか。
それは、単に義務がない状態のことではない。
何でもしてよいと放り出された状況のことでもない。
自分の思いどおりになること―これが「自由」なのだ。
当たり前に思えるかもしれないが、このことの深い意味を知る人は少ない。
しかし、これに気づくことが、人生をよりよく生きるポイントなのである。
真の意味での自由を知り、自在に生きる。
その秘訣について、人気作家がわかりやすく論じる。

1章 人生の目的は自由の獲得である(人生の目的は自由;躰による支配 ほか)
2章 他者からの支配、社会からの支配(服装と自由;ブログの罠 ほか)
3章 身近に忍び寄る支配(考えること;人生における支配とパワー ほか)
4章 支配に対するレジスタンス(自由を得るために;職場に問題があるとき ほか)
5章 やっかいなのは自分による支配(老いと好奇心;老人には余裕がある ほか)

――――――――
スポンサーサイト

コメント

Secret

 
プロフィール

ゆう

Author:ゆう
なんとなく適当に記録してみてます
つぶやきメモとか
プチ書評とか

Twitterもあるよ

https://twitter.com/ym79ers

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログ内を検索
カスタム検索
 
Twitter
 
 
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。