FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読了】禅語

禅語禅語
(2009/11)
石井 ゆかり井上 博道

商品詳細を見る


『禅語』
石井ゆかり【文】 井上博道【写真】

―――書評―――
禅語とは、茶席の掛け軸などで掲げられている禅の言葉である。
その禅語をいくつかピックアップして、著者が短いエッセイのような文章をつけている。

「挨拶」や「一期一会」など普段からよく接している言葉から、仏教だけで使われているような言葉や昔の禅師が残した言葉まで、収録されている言葉は様々。

「施無畏」という言葉。
おそれを取り除き救うという意味。この言葉を見て、ふと宮沢賢治の詩を思いだした。
「雨ニモマケズ」に、「南に死にそうな人あれば 行って怖がらなくてもいいと言い」という一文がある。
この行為が施無畏であるのだなと繋がった。
それと同時に、宮沢賢治は宗教家だったよなということも思い出す。

この本には、一つの言葉ごとに写真のページが挟んである。
この写真が綺麗で良い。
写真集として見ても十分に魅力がある。


―――内容―――
相逢不相識共語不知名
挨拶
相知満天下
知心能幾人
愛心
家無滞貨不富
行到水窮処
坐看雲起時
石圧笋斜出
岸懸花倒生〔ほか〕

――――――――
スポンサーサイト

コメント

Secret

 
プロフィール

ゆう

Author:ゆう
なんとなく適当に記録してみてます
つぶやきメモとか
プチ書評とか

Twitterもあるよ

https://twitter.com/ym79ers

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログ内を検索
カスタム検索
 
Twitter
 
 
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。