FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読了】脳を活かす勉強法―奇跡の「強化学習」

脳を活かす勉強法脳を活かす勉強法
(2007/12/04)
茂木 健一郎

商品詳細を見る


『脳を活かす勉強法―奇跡の「強化学習」』
茂木健一郎【著】

―――書評―――
話題になってずいぶん月日が経った感はあるが、遅ればせながら読んだ。

勉強するときに一番使うのは頭であることは間違いない。
それならば、頭――脳の特徴をふまえて勉強すれば、ただ勉強するより必ず効率は良くなるはずだ。

脳科学者である著者が、脳の働きやクセをふまえて、オススメの勉強法を紹介してくれている。
紹介されている一つの勉強法として、行動に負荷をかける「タイムプレッシャー」というものがある。
行動に制限時間をもうけるという方法である。締め切りと言ってもいいかもしれない。
制限時間をもうけて、ものごとを処理することを繰り返せば、集中力が増すのだそうだ。

学生時代の夏休みや冬休みの宿題のことを考えてみれば、これは頷ける話だと思う。
休みの終わり頃まで宿題に手をつけずに放っておいて、いよいよ始業日が目前に迫ったところでバタバタと取り組む。その際の切羽詰まった状況では、少なからず普段より高い集中力が発揮されていたはずだ。必死になるので。

勉強法は、疑うよりまず試してみることが大事だと思う。
自分で試してみて初めて、使えるか使えないか、自分に合うか合わないかがわかるというもの。
紹介されている勉強法がいまいち自分に合わなければ、それをアレンジしてみてもいい。
脳の働きを意識しつつアレンジできれば、この本の内容は十分役だったことになる。


―――内容―――
あなたの脳は、年齢、環境に関係なく飛躍的に成長する!「鶴の恩返し勉強法」「瞬間集中法」…。
脳のしくみを活かした37の勉強法を初公開。

第1講 脳は「ドーパミン」と「強化学習」が好き
第2講 「タイムプレッシャー」が脳の持続力を鍛える
第3講 「瞬間集中法」で勉強を習慣化させる
第4講 茂木健一郎流「記憶術」
第5講 茂木健一郎の「読書のススメ」
第6講 脳のコンディションを把握しよう
第7講 自分を変える「一回性」に巡り会うには
第8講 偶有性がさらなる脳の発達を促す

――――――――
スポンサーサイト

コメント

Secret

 
プロフィール

ゆう

Author:ゆう
なんとなく適当に記録してみてます
つぶやきメモとか
プチ書評とか

Twitterもあるよ

https://twitter.com/ym79ers

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログ内を検索
カスタム検索
 
Twitter
 
 
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。