FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読了】頭のいい人だけが知っているお金を稼ぐ読書術―33歳で3億円をつくったインプット・アウトプット法

ー頭のいい人だけが知っているーお金を稼ぐ読書術ー33歳で3億円をつくったインプット・アウトプット法ーー頭のいい人だけが知っているーお金を稼ぐ読書術ー33歳で3億円をつくったインプット・アウトプット法ー
(2009/06/25)
午堂 登紀雄

商品詳細を見る

『頭のいい人だけが知っているお金を稼ぐ読書術―33歳で3億円をつくったインプット・アウトプット法』
午堂登紀雄【著】

―――書評―――
読書は自己投資である、という言葉をよく耳にする。
最近のビジネスよりの自己啓発本には、まず間違いなく書いてある。

読書をするという行為は誰にでもできることだ。
知識を得るためであったり、持て余した時間を埋めるためであったり、目的は様々だ。
そのため、本の読み方も人により様々だ。

もし、読書という行為を自己投資に繋げるのなら、ただ読むだけという行為から脱却する必要がある。
その方法――読書術が本書の主な内容になっている。

読書を本当に役立たせるためには、読んだあとが大事になってくる。
その他の自己啓発書でもさかんに言われている、アウトプットという行為が大事なのである。
本書では、読書時間の5倍考え10倍実践しなさい、と説いてある。

考えるための方法の1つとして、ノートをとるという方法が紹介されている。簡単に書かれてあるが、これは使えると思う。さらに興味を持てば、その手の本を探してみるのもいい。

本を読んで、それを手がかりに思考してはじめて、その本が有効活用されたことになる。
そしてその先に、実際に行動を起こすことで、さらに効果は増す。

本書には、本の内容は忘れてもいい、という記述がある。
これには同感だった。
読むという行為は、一度自分の意識を通している。それで引っかかる言葉があれば残るだろうし、引っかからなければそのまま素通りして忘れてしまう。忘れてしまう言葉については、今はそれを求めていないとも考えられるのではないかと個人的には思っている。


―――内容―――
読書ほど安全確実な自己投資法はない!こんな時代の頭とお金の使い方。

序章 速読や多読以外の方法は存在しないのか
1章 読書はお金を生み出す道具
2章 お金を生み出す読書の仕組み
3章 頭のいい人が実践しているお金に換える読書の技術
4章 お金を生み出すアウトプット読書法
5章 高速大量インプットするコンサルタントの読書術
6章 頭のいい人のお金のトレンドを読む技術

――――――――
スポンサーサイト

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
プロフィール

ゆう

Author:ゆう
なんとなく適当に記録してみてます
つぶやきメモとか
プチ書評とか

Twitterもあるよ

https://twitter.com/ym79ers

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログ内を検索
カスタム検索
 
Twitter
 
 
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。